2016年1月7日木曜日

七草粥、知ってから頂きましょう。

今日は1月の7日、七草粥をいただく日ですね。
先ほどもテレビのニュースでも話題になっていました。




ですが実際、この風習がどこからきてとか
なぜ食べるのかとかは
実は詳しくはあまり知られていません。

“お正月の暴飲暴食をリセット〜”などと言いますが
それだけではなく、ちゃんと由来があったりします。

というわけで今日は七草粥の基本知識を
なるべく簡単にまとめちゃいます。
別にぼんやりとでもいいです、 覚えてください。
意味もわからずなんとなく食べるよりは
七草粥のありがたみがわかると思います。


まずなぜ1月7日に食べるのか?

ここです、なぜこの日なのか、気になりますね。

実は七草粥とは中国から伝わった食事なんです。
この時点で“へ〜”ですよね、まず1ポイントゲットです。

中国では7日正月という風習があります。
1日1日ごとに動物を当てはめ、占うことが
古来より伝わっています。

元旦 鶏
二日 犬
三日 羊
四日 イノシシ
五日 牛
六日 馬
七日 人

というふうに7日に人が来ています。
この《人日》に1年の無病息災を願って
7種類の若菜を入れた七種菜羹(ななしゅさいのかん)
という汁物を頂いた事がそもそも始まり。
(そう、ここでは粥ではなく汁物だったんです。)

これが1月7日の理由なんですね。
(中国ではその他にも理由があります。
機会があれば調べてみてくださいね◎)



では、その七草には一体どのような効果があるのか?

たぶんここで全てお伝えしても覚えきれないと思います。
大丈夫、その為にブックマークという機能があります。
このポストをブックマークしておけばいつでも見れます。
なので最初はなんとなく感じを掴むだけでOKかと思います。

それでは行きましょう。


1.セリ競り勝つビタミンC・ビタミンB・カルシウム・ミネラルが豊富に含まれるセリ。胃の調子を整え、食欲を増進させ、また目の疲れを和らげたりなどの効果があり、さらにセリの独特な香りには鎮静作用があるのです。また掛詞で“競り勝つ”と結びつけ1年の勝負事に勝てるようにという意味も。
2.ナズナ撫でて汚れを除く食物繊維・ビタミン・ミネラル・鉄が豊富なナズナ。肝機能の改善や高血圧の改善、利尿作用などの効果があります。
3.ゴキョウ仏様の体ゴキョウにはタンパク質・ミネラルが豊富に含まれおり、特に咳や喉の痛みなど風邪のような症状に効くと言われています。
4.ハコベラ繁栄がはびこるゴキョウ同様、タンパク質・ミネラルが豊富に含まれていて、利尿作用などに効きます。薬草としても使われていたほど体に良いそうです。
5.ホトケノザ仏様の安座)抗酸化物質が含まれているため、高血圧の予防や筋肉痛に効果的。解熱効果・解毒効果もあるので風邪などにも効きます。
6.スズナ神を呼ぶ鈴スズナとはカブのことです。カロテン・ビタミンC・カルシウム・鉄・ミネラルが豊富で、美白効果も期待できますね。また消化を促進してくれ、コレステロールを下げてくれます。
7.スズシロ汚れなく清白最近このスズシロが大根だと初めて知ったという話をよく聞きます。大根に含まれている辛味成分には抗菌作用や抗がん作用があります。

と、長く書きました、とりあえず“ふぅ〜ん”で大丈夫です。
ただ、あくまでこれはスタンダードであって
地方やご家庭でも様々なバリエーションが
年々増加傾向にあるらしいです。


そう、もう形にとらわれる事はないのです。


皆さん個人個人が体を労わる青菜を集め
お好きな味付けで無病息災を願って頂ければ
それでいいのかなと思います。


そろそろ各家庭のオリジナル七草粥が
SNSを賑わすような気もしてたのしみですね◎


来年あたりは食彩市場でも
オリジナル七草セットの販売など
できたらいいなと思っていますw

明日は仕入れ、風邪気味なので早く寝ます、おやすみなさい〜

0 件のコメント:

コメントを投稿