2016年1月29日金曜日

North Faceのレセプションで意外な発見!

先ほどアウトドアブランド《North Face》の新店
《North Face Standard KYOTO》のレセプションにお邪魔しました!

本来、アウトドアのアイテムが豊富なブランドですが
こちらのStandardはよりライフスタイルに密接した
コンセプトショップで、日常的に取り入れられるアイテムが
とても豊富に揃っていました!





今日はレセプションという事で
お酒や軽食も出ていたんですが
凄く面白いセクションがありました!

5種類のソースでお野菜を頂ける コーナー。
これがめちゃくちゃ美味しかったです!




赤大根、紅芯大根、ビタミン大根、黄色人参、あやめ雪などに
バーニャカウダーソースやクリームチーズタルタルに柚味噌がスタンバイ!
好きな組み合わせで頂けるのですが、中でも。。。




この《ビーツ×ひよこ豆×クミン×にんにく》のディップが
アゴが吹っ飛ぶくらいに美味しかったです!
“何が入ってるんですか?”と聞いても言葉をにごしてきはるんで
何回も食べてクミン?にんにく?としつこく聞いてましたw

これはバゲット何かにもばっちりマッチしそうで
本当に驚きました、うちでも一度トライしてみようと思います。

今日は馴染みの友達も凄く多かったし
KYOTO GRAPHIEのご夫婦も来られていて
今年のGWのイベントのご相談も受けました。
そちらについては後日、こちらでもお知らせしたいと思いますので
皆様お楽しみに!


そんなこんなで、麩屋町六角を少し下がったところで
明日よりグランドOPENのNorth Face Standard
皆様も是非CHECKしてみてくださいね!



それでは明日のラインナップです!


トマト
(徳島:鎌田さん)1P\380円

フルーツトマト
(徳島:鎌田さん)1P\480円

キャベツ
(大中:野田さん)1玉\200円

ブロッコリー
(徳島:平さん)1P\250円

大根
(大中:野田さん)1本\200円

あやめ雪
(栗東:やおよろずさん)1P\250円

白菜
(大中:野田さん)1P\350円

きゅうり
(野洲:北中さん)1P\180円

小松菜
(彦根:西村さん)1P\150円

ほうれん草
(大中:中谷さん)1P\200円

菊菜
(野洲:平中さん)1P\150

水菜
(野洲:平中さん)1P\150円

芽キャベツ
(野洲:平中さん)1P\200円

アー菜
(野洲:平中さん)1P\200円


ター菜
(野洲:平中さん)1P\200円

紫水菜
(栗東:やおよろずさん)1P\200円


赤軸ほうれん草
(栗東:やおよろずさん)1P\200円

葉付き人参
(栗東:やおよろずさん)1P\250円

壬生菜
(野洲:平中さん)1P\150円


菜の花
(野洲:平中さん)1P\180円

茎ブロッコリー
(野洲:平中さん)1P\200円

芽キャベツ
(野洲:平中さん)1P\200円

白ネギ
(安土:山梶さん)1P\300円

九条ネギ
(彦根:中村さん)1P\180円

玉ねぎ
(淡路:戸出グループ)1P\300円

玉ねぎ“さっぽろ黄”
(北海道:えぞえぞさん)1個\150円

じゃがいも
(大中:野田さん)1袋¥300円

アンデス芋
(栗東:三浦さん)1袋¥280円

ごぼう
(栃木:戸出グループ)1袋¥200円

サツマイモ
(徳島:平さん)100g¥90円

安納芋
(栗東:三浦さん)1袋¥450円

生なめこ
(長野:戸出グループ)1P¥200円

ぶなしめじ
(長野:戸出グループ)1P¥200円

椎茸
(徳島:平さん)1P¥420円


イチゴ

(彦根:楠居さん)1P¥680円

無農薬レモン
(愛媛:和田さん)1個¥100円

ポンカン
(愛媛:和田さん)1P¥350円

キウイ
(愛媛:和田さん)1P¥250円

京都で一番濃い豆腐
(京都:福島さん)1P\450円

手作り甘酒
(彦根:藤野さん)1P\250円

コシヒカリ
(彦根:安居さん)
2kg \1400円 5kg \3100円

キヌヒカリ
(彦根:安居さん)
2kg \1200円 5kg \2800円

納豆
(京都:藤原さん)1P\120円〜


《山の上マーケット》

アップルパイ

ふんわりもちもち蒸しパン

甘夏パウンド


2016年1月28日木曜日

やおよろず、柔軟に誠実に農業と向き合う。

今日はいつもお世話になっている《やおよろず》の
山田くんの畑でムービーの撮影の為、草津まで行ってきました!






草津にはビニールハウスが密集しているエリアがあって
その数なんと2000棟を越えるそうで、そのうち4棟が山田くんのもの。
このエリアは昔、 川が通っていた影響で土質がとても素晴らしく
お野菜作りにバッチリだそうです!


この4棟のハウスで就農以来、無農薬を貫き
化学物質を食していない鶏の糞をメインにした肥料を使った
自然にも人間にも優しい農業を展開されています。





うちでも一番人気の小かぶ《はくれい》
サラダかぶの元祖といわれるこの品種は
とにかく爽やかな甘さが際立つ品種で
初めて食べた方は本当にびっくりされ
かなり高い確立でリピート購入されます。

小かぶ、実は土の中で成るのではなく
こうやって土の上にコロンと育つんです。
そして細い根っこだけが土の中に伸びています。





こちらは《紫水菜》
ここまで鮮やかなものはなかなか珍しく
お料理にも賑やかな彩りをもたらしてくれます。
見た目にはしっかりした茎に見えますが
筋っぽさは全然無く、生でもシャキシャキ食べれます。





《葉付き人参》は無農薬に加えなんと無肥料!!!!
収穫時にあえて残しておいたお野菜が枯れきってから
そのまま土にすき込んで土を肥やし、その土でお野菜を作るというもの。
土自体が十分な力を蓄えていれば、肥料を与える必要も無くなります。

この人参は土の中にぐっと潜り込むタイプのもの。
通常は頭が2cmほど土から出ており、場合によっては
その飛び出している部分が変色したりします。





緑とオレンジのコントラストが本当に美しい 。
無農薬だと変形や虫食いが酷くなるという定説を覆す仕上がり。
この辺りも草津の土質の素晴らしさを物語っているんでしょうね◎





こちらはとても珍しい《ゴールデンビーツ》
オレンジに近い色のビーツです。
少しだけ分けてもらったので食べるのが楽しみです!

ちなみに、この黒いビニールはマルチと呼ばれるもので
こうやって土にかぶせる事で地温を高め、お野菜の生育を促進してくれます。
ビニールの色によって効果もそれぞれで、農作物によって使い分けます。





そして更に珍しいこちらは《ロロロッソ》というフリルレタス。
他のお野菜と同じく、とても美しい色目とちじれ具合。
残念ながらこちらはアブラムシに全てやられてしまいました。。。
レタス類は本当にアブラムシが最大のライバルで
一番おいしく実ったところに一気に発生します。
これ、食べてみたかったな〜、次回に期待です!


その他にも





《赤軸ほうれん草》





《あやめ雪》


などなど、美しいお野菜の数々。
無農薬でここまでやるのって本当に大変なんです。
何度も実験を繰り返し、手間を惜しむことなく
自分で農業スタイルを確立させていく、積み重ねの賜物なんです。
その辺りは後日、動画にてまとめますので是非見てくださいね!





撮影後も、話は尽きませんでした。
メディアの偏った取り上げ方が消費者に捻れた認識を与えてしまい
農家さんと消費者の間に予期せぬギャップが生まれたり
そのせいで、ちょっとした事が勘違いされてお野菜が買ってもらえなかったり。

無農薬、減農薬、有機栽培と聞きなれた言葉ですが
一言で片付けらる程単純な事ではありません。
常々言ってる通り、農家さんの数だけ農業が存在します。
それを伝える為に山田くんはうちの店に立ってお客さんに説明したり
自分でも様々な農業の実践、またカルチャーの勉強など
とても柔軟に活動されています。


うちも山田くんも思っているのは
《自分のお野菜のスタンスを持って欲しい》という事です。

無農薬などの言葉だけでチョイスするよりも
そのお店に売ってるお野菜がどうやって、どういう思いで
どんな人が作っているかを自分なりに把握した上で選んでほしい。
自分の中での基準を設けて、常にアップデートして
そして楽しくおいしくお野菜を楽しんでほしい、そう思いますし
食彩市場はその為のお店として、農家さんと共に存在意義を追求していきます。


ご期待ください!


2016年1月26日火曜日

今年の楠居さんもやる気満々!イチゴお待たせしました!

散々、天気予報に煽られた結果
いつもと変わらぬ平穏な仕入れで一安心。
道も凍ってなくて快適な道中でした◎

ただ、他の地方ではちょいちょい被害もあるそうで
皆様、気をつけてくださいね。

さて、なんだかんだ温かい日々の中で
元気に育ったイチゴが例年より少し早く
食彩市場に今年も登場です◎



うちでは毎年この楠居さんによる滋賀県彦根産とちおとめ
本当に大人気で、いろんな年代の方に愛されています。




イチゴ栽培歴40年のベテラン、楠居さんはこのエリアでは珍しく
高設栽培ではなく、土作りから拘り、土耕栽培を貫いておられます。


高設栽培というのは、皆さんよく目にするこんなやつ。




これは栽培時の作業性を考えて開発されたシステムで
果実の大きさも割と揃い、コンスタントに収穫ができるため
販売計画も立てやすく、利用されている農家さんも多いです。
高齢化する農家さん事情や、新規就農から取り組みやすいなどの
様々な時代背景から年々支持が増えています。
また、肥料の調整次第で歯ごたえや甘さが調節できるので
独自のイチゴの開発もしやすいと言われています。



そんな中、楠居さんが取り組む栽培方法は土耕栽培(どこうさいばい)


このように地面を丘のように整形し、そこに直接苗を植えて育てる方法です。
楠居さんはイチゴ一筋で農業をされており、この土もイチゴ栽培の為に
独自で作られた土、そこに直に植えられたイチゴはいわば大地と直結してるので
吸い上げる養分が高設栽培とは圧倒的に違ってきます。
また、高設だと土が少ないので水やりで成長をカバーする必要があり
その分果実は水臭くなります。
しかし、土耕栽培だと不要な水分が土の中に溜まることなく掃けていく為
果実への影響が少なくなると言われています。

高設と土耕だと同じ苗で育てても糖度が3も変わる事があるとか。


いちいち屈んで腰がしんどい、形もまばら、お天気次第で
収穫率も変わってくるでも、味は抜群!!!!!!!




長々と話しましたが、土耕栽培がイチゴにとってもたらす影響は
私たちが感じる《おいしさ》に直結するのです。



無農薬いちご《とちおとめ》
(彦根:楠居さん)1P\680円


つやつやの肌に緑が深い葉っぱは新鮮な証。
イチゴ選びの際はここをチェックしてくださいね◎

サクッとジューシー、キレの良い甘さは
中毒性の塊、一度食べ始めたらやめられないことでしょう。

明日から店頭にて販売開始!
是非ご賞味ください!

《2/1追記》
食彩市場のonline storeでもイチゴの販売がスタート!
1パックからお得なケース入りまでご用意ございますので
是非、ご利用ください!

食彩市場 online store
https://shokusai.stores.jp/


2016年1月25日月曜日

今週もお野菜たくさんあります!そしてイチゴがスタート!

大寒波、皆様の地域での影響はいかがですか?
京都はまだ、ちょっとだけ道路が白くなるくらいの雪で
思ってたほどではないです。

ただ今日の夕方あたりはまだ雪マークがついてるので
あまり油断はできません!

滋賀県のほうは結構降ってるところや
畑が凍っているところもあり、少し心配でしたが
お野菜は無事に確保できました!
本当に農家さん達に感謝です!

今週水曜日はあえて少し安めの価格設定にしますので
皆様、是非ご利用くださいね!




さて1月も終わりに差し掛かり
今週から毎年大人気のイチゴがスタートします!



滋賀県彦根産のとちおとめです。

今となっては珍しいベンチアップ無し、無農薬のイチゴです!

詳しくはこちらをご覧ください!

サクッ!ジュワッ!あま~い!

これが本当のイチゴです!
是非、ご賞味くださいね!

2016年1月22日金曜日

鬼寒くとも仕入れ&販売!明日は営業日です!

来てますね、なにやら40年ぶりに
沖縄に雪を降らそうとしている寒波が!
気象庁の呼びかけも尋常じゃないです。
皆様、備えあれば憂いなし。
「大したことなかったなー!」って笑えればラッキーですが
「しまった、対応全然できてない。。。」って後悔する前に
しっかり備えておきましょう。

とりあえず来週以降はお野菜の値段が
ドカンとあがると思います。
雪が積もれば収穫作業も滞ります。
圧倒的に獲れる数が減るので値段も上がる。
というか既にその予兆が各所で見られました。
うちも来週は危ういです、祈るしかない!



今朝の栗東、三浦さんのとこの様子。
これは水曜日に降った雪の残り。
2日経ってもまだ残ってます、すぐには溶けないんです。
近所のやおよろずの山田くんは
家の前がすぐ坂道で、しかも凍ってたので
1日家から出れなかったそうです、恐ろしい。。。


さてさて、今日は新しい農家さんのところへお邪魔しました!


近江八幡の中谷さんとこです。
米の栽培をメインにされていますが合間でほうれん草も栽培。
ハウスオンリーですが無農薬有機栽培で12月〜3月あたりまで
収穫されています、素晴らしい!

よく見てください、雑草が生えてますね。
これは除草剤を使わない、つまり農薬を使っていない証拠!
雑草が増えると手作業で草抜きです!

長さ50mで幅が10mほどのハウスが5つ
草抜きがどれだけ大変か、でもそこは食べる人の事を考えてこそ!
みなさん、めちゃくちゃ頑張ってはります!
明日からお店に並ぶので是非手に取ってみてください!


ほうれん草といえば
最近、胡麻和えに改めてハマってるんですが
昨日はこんな感じにしました!


ほうれん草とトマトの胡麻和え
〜粉チーズをかけて〜

トマトの爽やかな酸味がとてもよいアクセントに!
粉チーズでお酒もすすむ君でした。
よかったらご参考に!



さあ、明日は営業日!

厚着してきてくださいね、風邪ひかないように!

それでは明日のお野菜のラインナップです!


トマト
(徳島:鎌田さん)1P\380円

フルーツトマト
(徳島:鎌田さん)1P\480円

キャベツ
(大中:野田さん)1玉\200円

ブロッコリー
(徳島:平さん)1P\200円

カリフラワー
(徳島:平さん)1P\350円

大根
(大中:野田さん)1本\200円

紅芯大根
(栗東:やおよろずさん)1本\250円

紅くるり
(栗東:やおよろずさん)1本\250円

小カブ
(栗東:三浦さん)1P\200円

サニーレタス
(野洲:平中さん)1P\200円

菜の花
(野洲:平中さん)1P\180円

白菜
(大中:野田さん)1P\350円

きゅうり
(野洲:北中さん)1P\180円

小松菜
(彦根:西村さん)1P\150円

ほうれん草
(大中:中谷さん)1P\200円

菊菜
(野洲:平中さん)1P\150

水菜
(野洲:平中さん)1P\150円

紫水菜
(栗東:やおよろずさん)1P\200円

葉付き人参
(栗東:やおよろずさん)1P\250円

壬生菜
(野洲:平中さん)1P\150

茎ブロッコリー
(野洲:平中さん)1P\200

白ネギ
(安土:山梶さん)1P\300

九条ネギ
(彦根:中村さん)1P\180

玉ねぎ
(淡路:戸出グループ)1P\300円

玉ねぎ“さっぽろ黄”
(北海道:えぞえぞさん)1個\150円

じゃがいも
(大中:野田さん)1袋¥300円

インカのめざめ
(北海道:ちとせまるしぇさん)1袋¥280円

アンデス芋
(栗東:三浦さん)1袋¥280円

ごぼう
(栃木:戸出グループ)1袋¥200円

サツマイモ
(徳島:平さん)100g¥90円

安納芋
(栗東:三浦さん)1袋¥450円

生なめこ
(長野:戸出グループ)1P¥200円

ぶなしめじ
(長野:戸出グループ)1P¥200円

椎茸
(徳島:平さん)1P¥420円

無農薬レモン
(愛媛:和田さん)1個¥100円

ポンカン
(愛媛:和田さん)1P¥350円

キウイ
(愛媛:和田さん)1P¥250円

京都で一番濃い豆腐
(京都:福島さん)1P\450円

手作り甘酒
(彦根:藤野さん)1P\250円

コシヒカリ
(彦根:安居さん)
2kg \1400円 5kg \3100円

キヌヒカリ
(彦根:安居さん)
2kg \1200円 5kg \2800円

納豆
(京都:藤原さん)1P\120円〜